茶わん蒸し 第1話

茶わん蒸しのぷるんとした食感は、たまごによるもの。「顔が見えるキッチン。」の茶わん蒸しに使われているたまごは、「顔が見える食品。」の”まごころたまご”というたまごです。茶わん蒸しは、そのほとんどがたまごと出汁でできていて、茶わん蒸しの味を決めるのはそのふたつと言っても過言ではありません。新鮮なたまごと、こだわりの出汁を使用した、茶わん蒸しをご紹介します。

話を聞いた人

まごころたまごの生産者 都路ファーム 野村洋さん

株式会社 ふじや食品 関東工場 工場長 宮地茂樹さん

まごころたまごとは?

まごころたまごの産地は田畑に囲まれた、自然豊かな茨城県坂東市にあります。白鳥の飛来で有名な菅生沼のある地域です。まごころたまごの生産者の野村さんに、こだわりを聞いてみました。

「美味しいたまごをお届けするために、良質なえさを使用し、良好な鶏舎環境の下で、きめ細やかな管理を行っています」

―良質なえさとはどのようなものでしょうか?

「魚粉を加えたオリジナルのえさを使用しています。一般的には魚粉は臭みの要因になりますが、オリジナルの配合で深い旨みだけを残し、臭みを軽減しています」

―魚粉がたまごの旨みに関係しているのですね。

「また、産卵期間中は、親鶏に、抗生物質や合成抗菌剤を一切使用していません」

―栄養が豊富なだけでなく、安心して食べられるたまごですね。

色味が鮮やかでビタミンEが通常の卵の約5倍、葉酸・DHA・αリノレン酸が豊富で栄養たっぷり。

野村さんの元で、大切に育てられた鶏が産んだ“まごころたまご”。美味しくて栄養もたっぷりの卵を使って、どんな茶わん蒸しが作られるのでしょうか?次話では、茶わん蒸しについて株式会社ふじや食品の宮地さんにお話を伺います。

商品名:茶わん蒸し
加工場名称:株式会社 ふじや食品 関東工場
加工場住所:栃木県鹿沼市深程80番2
主品目名:たまご(顔が見えるたまご。まごころたまご)
出荷グループ名:都路ファーム

メニューを閉じる