ポテトサラダ 第1話

株式会社武蔵野フーズ 開発課 主任 豊田さん

ポテトサラダのおいしさは、なんと言ってもじゃがいもが決め手。そのおいしさを充分に発揮させるために、こちらの工場では“ある製法”でポテトサラダを作っています。今回は「顔が見えるキッチン。」のポテトサラダを製造している株式会社武蔵野フーズのみなさんにお話を伺ってきました!開発課の豊田さんに、ポテトサラダに使っているじゃがいもについて教えてもらいます

話を聞いた人

株式会社武蔵野フーズ 開発課 主任 豊田さん

株式会社武蔵野フーズ 所沢工場 製造リーダー 村松さん

株式会社武蔵野フーズ 所沢工場 購買課 五十嵐さん

ポテトサラダのじゃがいもに大事なことって?

―こちらの工場では、じゃがいもの“ある製法”にこだわりがあると伺いました。どんな製法なのでしょうか?

「まず、じゃがいもって実は、皮の近くがいちばん風味があっておいしいんです」

―それは知りませんでした!

「家庭でじゃがいもを蒸して、皮を剥くと身ごと皮が剥けてしまいがちですよね。それだとおいしい部分がたくさんとれてしまいます。なので、皮だけを剥くために、この工場ではスチームピーラーという大きな機械を使います」

―スチームピーラーとは、初めて聞きました。どのような機械なのでしょうか?

「まず、皮つきのじゃがいもの表面だけ蒸して加熱します。すると皮が柔らかくなるので、ゴムの突起がついた装置でやさしく剥いて、水で洗い流します。すると、皮だけが薄く剥けたじゃがいもになります」

スチームピーラーで剥かれたじゃがいも

―本当に、皮だけが剥かれてつるんとしていますね。

「この機械のおかげで、じゃがいもの風味のあるおいしい部分を残すことができるんです」

―なるほど、この一作業がポテトサラダのおいしさに繋がっているのですね。

じゃがいもの風味を感じるポテトサラダ 

商品名:自慢のポテトサラダ
加工場名称:株式会社武蔵野フーズ 所沢工場
加工場住所:埼玉県入間郡三芳町竹間沢東15-7
主品目名:ジャガイモ

メニューを閉じる