ポテトサラダ 第3話

株式会社武蔵野フーズ 所沢工場 購買課 五十嵐さん

今回取材を受けて頂いたのは、ポテトサラダのじゃがいもの購買を担当とする五十嵐さん。じゃがいもを含む食材の発注や在庫管理を行っています。

新鮮なものを使うために

―五十嵐さんの1日のお仕事を教えてください。

「朝に出勤して、まずは現場に降りて行って在庫の数や野菜であれば賞味期限が切れていないかなどの確認をします。それから翌日分の発注をするようにしています。あとは、毎週新商品が出るのでその原料の準備などをしています」

―じゃがいもの調達で気を付けていることはありますか?

「在庫を溜めずに、より新鮮なものを使えるように発注することですね。発注は、実際にじゃがいもを使う量がわかる前にやらなければいけません。使用量がわかってからだと、届くのが間に合わないためです。なので、使用量を予測することが大事です」

―じゃがいもは、毎日発注しているのですか?

「そうです。毎日700㎏前後使っています。毎日届いたじゃがいもを使ったポテトサラダは実際に食べて、状態に問題がないか確認します」

―発注数を決めるだけではなく、届いたものの状態の確認も大事なことですよね。

まだ泥がついているじゃがいも。一次洗浄されてから、武蔵野フーズの工場に運ばれる。

―最後に、五十嵐さんからお客様にメッセージをお願いします。

「手間暇かけて、工場で作っているのでおいしく召し上がってほしいです」

―これでインタビューは終了です。本日はありがとうございました!

最後に

発注や在庫管理をしている五十嵐さん。五十嵐さんの仕事が、じゃがいもを新鮮なうちに使うために大事なのだとわかりました。おいしさはこんなところでも守られているのですね。そんなじゃがいもが使われたポテトサラダは、素材を活かした味わい。ぜひ試してみてくださいね。

商品名:自慢のポテトサラダ
加工場名称:株式会社武蔵野フーズ 所沢工場
加工場住所:埼玉県入間郡三芳町竹間沢東15-7
主品目名:ジャガイモ

メニューを閉じる