コロッケ 第3話

蒸したてのじゃがいも

コロッケを家庭でつくる時はじゃがいもの皮をむいて、火が通るように切り、茹でてから潰しますよね。
でも実はじゃがいもの「皮と白い部分」の間においしさが詰まっているのです。
顔が見えるキッチン。のコロッケは、じゃがいものおいしさが詰まっている部分をむかず、
皮ごと蒸すことでおいしさをちゃんと残しています。

じゃがいもの泥落とし

コロッケに使うじゃがいもは一定の品質を保ちながら温度管理された倉庫で貯蔵されています。
倉庫から大きなかごに入った約1tものじゃがいもは工場に運ばれ、
皮ごと蒸すために、まずは天井からのシャワーを浴びて泥を流します。

シャワーの次は大きなジャグジーのある水槽の中にじゃがいもが入れられ、さらに泥を落とします。
まるでお風呂に入っている様子を見ているようですね。
下から吹き出す泡に乗って、じゃがいもがクルクルと踊っています。

泥がついて黒っぽかったじゃがいもの表面はこんなにも真っ白になりました!
この後、90℃以上の高温で蒸されたじゃがいもは皮が取り除かれていきます。
おいしいところを含んだ芋の部分だけになり、周囲はアツアツの蒸気で白い湯気がたちこめていきます。

商品名:コロッケ
主品目名:じゃがいも
産地:北海道
出荷グループ名:JA士幌町

メニューを閉じる